ふぅ (´∀` )

今日も映画撮影してきましたつっちーです。



~午後1時ごろ~


つっちー 「キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!!」

ザキ 「おう、つっちー」

つっちー 「ちゃす、ザキだけか!?」

ザキ 「うん、俺だけだよ」




12時ごろ電話して寝起きだったザキしか来てないなんて・・・・・・・・w



その後はテキトーにザキとgdgd雑談してたお。

ザキ 「俺昨日色々あってこんなに寝ちゃったんだよ~><」

つっちー 「いつものことだろw」


そんな会話をね・・・・・・・・・





そこでなんとなく振り向いたところ、ジャックと修造が向かってきていた。

あれ、俺すごくね?

エスパーか、遂にエスパーかなんかの能力に目覚めちまったのかw

ジャック 「おいーす」

みんな 「ちゃおっす」


良く来た、やはりジャックやザキは今まで時間通りきてたからな。

信頼できる男たちだw

しかし、これでも4人。

映画メンバーは8,9人ほどいるが、まだ半分くらいだ。

一人は県外へ出ているため、もう一人はCALLしてもいなかったため無視していいが―

あと3人?はくるはず・・・・・・・・・・・・









~1時20分ごろ~


ジャック 「こねーなw」

つっちー 「いつも通りだーw」

っとここでジャックが動いた!

もう撮影しようよ、とのことだ。

うーむ、つっちーは考える。

しゃーない、時間通りこないのが悪いんだ、と考え4人は立ち上がった。

修造がWCにいくといった。

この間のトラウマが思い出されるw

今日は雨降りませんように!

っとここでー


ザキ 「4時ごろ雨降るらしいよ」

つっちー 「mjk」

ジャック 「mjd、だから早めに切り上げないと」


そこでジャックの携帯が雄叫びをあげたw

ヤスからのようだ。

良く分からんが、あと5分まってみることにするー

そこで思いがけない、傍から見れば変人な男がやってきたw

自称ロリ、仲間からはロリンタと呼ばれている。

頭に巻いたタオルはどこの職業にもいそうなおっさんスタイルだw

しかし、ロリは凄い、アニメの描かれた服まで装備していた前々回の撮影は素晴らしかった。

今日は着てないからましだろう。

ちなみにロリの映画での担当は戦場カメラマンである。

皆さんご存知ー

戦場カメラマンの○○○○です。

しかし、ロリは写真ではない。

動画を撮るのがあの方との違いだw


ジャック 「なんか変なのがやってきたぞw」



ロリに話を聞くと、なんと科学館のほうまで行っていたらしい。

どうやら色々まわりまくっていたようだ。

ご苦労なことである。





勢いを増した映研の我々は、撮影場所に向かった。


実際は向かうというより探すといったほうが正しいだろう。

そのとおり、いつも通り見つけて誰かがここがいい、ってなるのだからw







テキトーに歩いていると裏ルートてきなのを見つけた。

こういうとこにレアアイテムがあるってもんだぜ。


行ってみようー


ジャック 「あそこよくね?」

つっちー 「あぁ、いいんじゃねw」


ってなことで本日の撮影場所決定!


今日はお世話になるぜ。 よろしくな。


早速全員で撮影の準備!

最初のシーンはジャックが歩いてきてー

敵兵に見つかり、囲まれる、というシーン。


あ、どんな映画をとるか書いてなかったっけ?

率直に言うと戦闘ものですw 




さてさてー


take1!

3・2・1・Q


いつも通り、後輩から借りた迷彩服を着て歩いてきている。

おまけにリボルバーをもっている!

くそっ、なんて格好いいんだ!w

そこのシーンは2回でとったおー。




次!

よっしゃ、そろそろ俺達の出番か?w

脚本を見てみる―

fmfm、敵兵役が何人か必要だな。

つっちー、ロリ、修造の3人で演じることにした。

ザキはあとでリボルバーオセロットという役があるからねw


本職が戦場カメラマンのロリが演じるのは誤算だったが、なんせ人数が少ないんだ。

背に腹は代えられん。(使い方ちょっちおかしいきがするw)


本当は5人でやるつもりだったがー

やむを得ないな。


take1!

3回くらいで上手くいったおー。


実際、敵兵役はかなり体を張りますw

敵兵 「ぐはっ!」

って倒れるのだからねw



修造 「いってぇ~」

もっと熱くなれよ!

一番自分がそれを分かってるんじゃないのか!






その次ー


遂にザキの出番!

ザキはさっきからずっとリボルバーを回す練習をしてんだお。

やる気は十分のようだ。

take1!


ザキ 「俺はー オセロット少佐だ!」

ポ―ズもとったのだがー


スタッフ全員 「wwwwwwwwwww」

大笑いしましたスタッフです。

その後はオセロットと敵兵の戦いなどが続きました。


もう4時は過ぎている。

雲が散弾銃を撃ってくるのも時間の問題か。

早く帰ろうと、樹海を駆け抜けたつっちー達。

若干の雨が降ってきましたが、これくらい前に比べれば大したことはない。

トラップはまだ作られないし今のうちだ。

チャリにまたがり、帰るぜベイベーw

修造は歩きらしい。

熱くなるため!

ではないようだ、地下鉄を使って帰るらしい。


THE END






























ではないようだw


帰ってから、CALLがきた。

つっちー 「どうした、今日はこなかったが」

親に抗い続ける男 「あぁ、1時半ごろいったんだよぉ」

つっちー 「1時、と連絡したはずだが?」

親に抗い続ける男 「いやぁ、ちょっとね・・・・・・・・・」


どうやら売られている銃に見とれていて遅くなったらしい。

何やってるんだ、それでも敵兵役の男か。

任務のほうが大事に思うがな。


キッドのことについてもきいた。

どうやらキッドは寝ていたらしいw

戦場の疲れを癒していたってことなのかな?

ザキにしてもキッドにしても寝過ぎは良くない。

っとつっちーは思う。















今回の記事は前回よりかなりクォリティ落ちてしまいましたw

反省してます。

ダメダメな日ほどいい記事が作れるのかもしれませんね。

今日はかなり撮影進んだから記事はあまり面白くないなぁ><

しかし!

撮影が上手くいったのだから、作った映画で皆さんを楽しませようと思います。

記事がだめな分は映画で補う!w

 
期待しててください!(´∀`)























スポンサーサイト

Comment

ずいぶんと詳しく書いてくれたんじゃないかw

今日の樹海ランニングは最高だったZE☆
奴にはすばらしい役を用意してやろう…w

楽しそうでいいね☆
こっちは今日も夏期講習のグダグダ生活;;

映画、期待してます!(●^o^●)
楽しみですw

おー

>ジャック

詳しく書いてると楽しくなるものだZE☆


>ぎゃぼん

講習を乗り越えて熱くなれ―


>あお空さん

映画はハリウッド級ですw
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。